筋トレだけじゃ痩せません。

ダイエットをしたことがある人なら一度は実践したことがある背筋や腹筋を鍛える筋トレで痩せようとした時に全く効果が得られなかったという人も多いようです。
痩せたいといって筋トレをたくさんしていても、筋トレだけじゃ痩せられません。

筋トレなどの運動で鍛えられる筋肉は、速筋が多いといいます。
速筋とは、筋肉の中でも瞬間的に多くのパワーを出すことができる部分で、その絶大なるパワーは長時間継続させることはできません。
速筋を使うときに必要なエネルギーは筋肉中に含まれる糖質であり、エネルギーの量も遅筋とは異なります。
遅筋は速筋とは真逆の働きがあり、長時間一定のパワーを継続することができることから、マラソンランナーやサッカー選手などの比較的長距離を走る人にはとても必要な筋肉でもあります。
しかも遅筋は体内の脂肪をエネルギーとして燃やす事ができる筋肉なので、ダイエットには遅筋を鍛えることが重要と考えられます。

つまり筋トレだけで痩せるのはとても困難なことであり、痩せるには体内の脂肪をエネルギーとして燃やすことが必要です。
効果的に痩せるには、遅筋を使う運動と速筋を使う運動をバランス良くする必要があります。

なぜ速筋を鍛える事が大事かというと、運動にはある程度の筋肉が必要であるからです。
例えば私達人間が年をとり高齢にさしかかったとき、風にあおられて大けがをしたりするといったことは、筋肉の衰えが原因の1つでもあります。
足の筋肉が弱くなると歩くことが困難になったりするため、ある程度の筋肉は必要なのです。

長時間のウォーキングと軽い筋トレは比較的続けやすく、速筋と遅筋の両方を鍛えられることから、筋肉を維持し体脂肪を減らす効果も期待できるといえます。
出来れば健康に繋がるようなダイエットを心掛けたいものですね!

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

有酸素運動ダイエットは非常に疲れる

ダイエットをしたことがある人なら、誰でも有酸素運動ダイエットは非常に疲れたという経験はありませんか?
疲れる程の運動は、余程好きな人でなければ続けることが出来ず、ダイエットとしては挫折しやすいといいます。

有酸素運動とはそもそも、呼吸するために必要な筋肉である心筋等の発達に役立ち、酸素を供給する動きをよりスムーズにします。
血液中の赤血球が沢山の酸素を取り込む事ができ、血液がより循環されます。
有酸素運動をすると脂肪がエネルギーに変わることで脂肪が燃焼され、体脂肪が少なくなるといわれています。
血液中の脂肪やコレステロールなどが減少しやすくなり、血液がサラサラになりやすいのです。

有酸素運動にはこのような長所が沢山ありますが、上半身の筋力向上は難しいとされており、有酸素運動だけではバーベル上げなど瞬間的に上半身の筋肉を使う部分を鍛える事は難しいのです。
そのような動きをする無酸素運動は短時間で強力な力を出しますが、有酸素運動は比較的長い時間で行うことが多い為、非常に疲れやすいとされています。

また有酸素運動は20分近く続けないと脂肪が燃えにくいとされていて、ウォーキング1時間当たりの消費カロリーは168kcalと少なく、1時間水泳でクロールをした消費カロリー1039kcalと全く消費カロリーが違います。
水泳でクロールをひたすら1時間するのはとても大変なことであるため、有酸素運動ダイエットは非常に疲れるといわれている原因でもあります。
水泳にはそれだけ沢山の酸素が必要だといわれているのです。

20代女性の摂取カロリーは1800kcalから2800kcalといわれているため、水泳のクロール1時間は1日当たりの女性の摂取カロリーの半分近くにも当たります。
それほど有酸素運動ダイエットは非常に疲れる事が多く、続けられない人も多いというわけです。

参考記事:有酸素運動だけが痩せるとは限らない
http://bit.ly/1jtLdFj

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

肌のかさつきやハリのなさ、くすみなどの主な原因

美肌を目指すには、新陳代謝を上げることが大切ですが、そのためには冷えを解消することが必要になります。
冷えは美肌の大敵なのですが、近年では冷えに悩む女性が増えてきています。
女性は男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多いため、そもそも熱の生産量が少なく冷え性になりやすいと言われてます。
冷え性は、血液の流れがスムーズにいきません。
血液中には酸素や栄養素、水分、免疫物質など、健康や皮膚の若さを保つ物質がお多く含まれています。
これらのものを全身に行き渡らせることができなくなると、体調が悪くなったり、肌にダメージを与えてしまいます。
肌のかさつきやハリのなさ、くすみなどの主な原因は、肌の新陳代謝が上手く行われていないことにあります。
ですので冷えを解消し代謝を高め、肌の調子を整えるためには全身の血行をよくする必要があります。
便秘がち、むくみやすい、汗をかきにくい、手足が冷たいなどの症状がある場合は、冷え性の可能性があります。
冷えを解消するには様々な方法がありますが、外側だけ温めて一時的に体温を上げても根本的な解決にはなりません。
内側から温めて代謝を上げることが大切です。
体を内側から温めるためには、やはり食べ物や飲み物が有効になります。
冷え性に有効な食材にはショウガが上げられます。
ショウガに含まれる成分には血管を拡張させ、血行促進させる働きがあります。
他にもトウガラシに含まれるカプサイシンにも、体を温める効果があります。
辛いものが苦手な方は、最近ではカプサイシンが含まれているサプリメントを活用しましょう。
食べること以外にも、毎日取り入れやすい改善方法に入浴があります。
特に半身浴は冷え性に効果があると言われています。
新陳代謝をアップさせるには運動が一番効果がありますが、運動が苦手な人はこれらの方法で新陳代謝をアップさせましょう。

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

細胞が活発に動き出し代謝が上がると言われています。

運動と合わせて行うと新陳代謝が高まるのが、リンパマッサージです。
リンパは体全体にくまなく張り巡らされている管状の器官です。
この管の中にはリンパ液と言う液体が流れていて、体内で必要のなくなった老廃物や毒素などを流す働きをしています。
リンパ液の流れが滞ってしまうと体の老廃物や毒素が排出されず、いつまでも体内にとどまり続けることになってしまいます。
すると疲れやすく感じる、免疫力が低下し病気にかかりやすくなるなど、新陳代謝がスムーズに行われず色々は弊害が現れることがあります。
リンパの流れを改善することで血流も良くなり、末梢まで酸素や栄養が運ばれるようになります。
またリンパと血液中の老廃物の回収も良好になります。
さらにホルモン成分も体のすみずみまで行き渡るようになるので、細胞が活発に動き出し代謝が上がると言われています。
これらの働きにより、美肌効果が表れてきます。
リンパマッサージはエステサロンなどで受けることもできますが、自分でもコツをつかめば簡単に行うことができます。
美肌のためには、顔付近のリンパの流れをよくする必要があります。
特に首周りには大きなリンパ節がたくさんあるので、意識して流していくと美肌につながります。
体のリンパ節の中でも、重要な箇所が左の鎖骨にあるリンパ節です。
全身を流れるリンパ液のほとんどが、ここで静脈を合流し心臓に戻ると言われています。
そのため、マッサージ前に個々の流れを良くしておく必要があります。
人差し指と中指で鎖骨を挟むように左右にマッサージしましょう。
顔や首付近の皮膚は薄くデリケートなので、マッサージをすることにはマッサージオイルやクリームを使い、優しく流すようにマッサージすることが大切です。
その他にも脇の下やひざの後ろ、股関節、お腹周りには、大きなリンパ節があります。
優しくゆっくりとリンパの流れを促してあげることで、代謝アップにつながります。

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

しっかり炭水化物を食べることも大切です。

新陳代謝を高めるには、運動以外にも方法はあります。
美肌効果が高いと言われているのが、正しい半身浴です。
正しい半身浴の方法は、37~40℃くらいのぬるめのお湯に、20~30分ほど心臓から下の部分だけつかります。
時間や温度は体調や季節によって調節するのが好ましいと言われています。
半身浴は血行がよくなるため細胞の活性化が促進されやすくなり、汗をかくことで老廃物の排出を促します。
注意点はしっかり水分を補給することと、肩にタオルをかけるなどをして上半身を冷やさないようにすることです。
入浴するときにはバスソルトなどの入浴剤を入れたり、ショウガ紅茶やスポーツドリンクなどの代謝や利尿作用のあるものを飲むとさらに美肌効果がアップします。
また新陳代謝をアップさせるためには、食事にも気を付けることが大切です。
代謝をアップさせるためには、冷たいものより温かいものを摂りましょう。
冷たいものばかり摂ってしまうと体温が下がり、代謝が悪くなってしまいます。
ダイエットのために炭水化物を抜いている方もいますが、代謝をアップさせるためには、しっかり炭水化物を食べることも大切です。
炭水化物は体を円滑に動かすためには欠かせない栄養素です。
他の食事とのバランスを考え、主食をしっかりとると代謝アップにつながります。
タンパク質も同様です。タンパク質が不足すると体温が上がりにくくなってしまい、エネルギーを効率よく使うことができなくなります。
カロリーが気になる人は、脂身の少ない赤身のお肉や大豆製品などを中心にしっかり食べましょう。
それから水分をしっかり補給することも代謝アップには必要です。
体内の水分が不足すると、老廃物や有害物質をスムーズに排出することができません。
喉が渇いてから水を飲むのでは代謝アップは期待できませんので、こまめに水分を補給しましょう。
ですが体を冷やしてしまう冷たいものや、コーヒーなどカフェインが多く含まれているものは利尿作用があり、体内が水分不足になってしまうことがありますので、常温のものや温かいものを飲むようにしましょう。

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

肌のターンオーバーを促進!

運動は、肌のターンオーバーを促進するだけではありません。
運動することで美肌にはかかせない成長ホルモンやセロトニンが多く分泌されます。
成長ホルモンは肌の新陳代謝を促すために必要なホルモンで、これが活発に分泌されることで細部の生まれ変わりがスムーズになるため肌トラブルが改善されやすくなります。
セロトニンは脳内の伝達物質で、心に安らぎを与えてくれます。
セロトニンが多く分泌されるとストレスに強くなるため、ストレスが原因でできてしまったニキビや肌荒れが改善されます。
またストレスが大きな原因とされる大人ニキビは、特に効果があると言われています。

新陳代謝を促進させる運動にもいくつか種類があります。
1つ目は、脂肪燃焼効果も期待できる有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、水泳などは、心肺機能を高めエネルギーが効率よく生産されるように、皮膚の細胞を再生して修復能力を高めます。
また発汗することで毛穴の詰まりを防ぎ、老廃物や有害物質をスムーズに排出することもできます。
2つ目は、スクワットや腕立て伏せ、ダンベル運動など、筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行うレジスタンス運動です。
この運動は美肌には欠かせない成長ホルモンを増やすことができます。
成長ホルモンは年齢とともに減少し、細胞の生まれ変わりがスムーズに行われなくなってしまいます。
レジスタンス運動を行うことで筋肉や骨の細胞が破壊され、それが再生するために成長ホルモンが分泌されます。
この運動では筋力をアップさせることもできるので、太りにくい体質を作ることもできます。
3つ目はストレッチです。
ストレッチで筋肉の柔軟性を高めることで血流を良くし、ホルモンバランスを整えることができます。
ストレッチを行いストレスが解消されるとエンドルフィンと呼ばれる物質が発生し、幸福感が得られるのでより美肌効果が上がると言われています。

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。

ターンオーバーが遅くなってしまうと・・・

女性なら、誰でもシミやシワ、たるみのない美肌に憧れます。
そのためには正しいスキンケアと、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活が大切になります。
最近では効果の高い美白用の化粧品や、ハリやつやをアップさせるエイジング化粧品などが多く販売されていますので、美肌のためのスキンケアは充実しています。
ですが、これらだけでは美肌対策は難しいでしょう。
まずは普段の生活を見直してみることが必要です。

現代人は運動不足だと言われています。
そのため新陳代謝が低下しやすくなっていて、肌のターンオーバーが正常に行われにくくなっています。
肌のターンオーバーは健康な20代の女性で28日周期、40代になると肌が生まれ変わるのに1ヶ月半ほどかかるというデータがあります。
ターンオーバーが遅くなってしまうとはがれ落ちるはずの古い角質が肌に残ってしまい、くすみやシワ、肌のごわつきなどの原因となってしまいます。
美肌を保つためには新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを活性化させることが重要です。

新陳代謝とは体の古い細胞が新しい細胞へと成長、再生、組織を維持しながら環境に適応して変化することを差します。
髪や爪、皮膚、内蔵、筋肉など、ほとんど全ての細胞で起こっています。
新陳代謝をアップさせる方法には色々ありますが、美肌のためには運動が大切と言われています。
運動をすると交感神経を優位に働き、血流が促進されるため体のすみずみにまで栄養や酸素が届けられます。
すると肌の新陳代謝が促進され、肌が若返っていきます。
運動が苦手な人でも歩くスピードを少し上げてみる、なるべく階段を使うなど少し意識するだけで変わってきます。
運動をすることはダイエットだけではなく、美肌のためには大切なのです。

カテゴリー: 新陳代謝 | コメントは受け付けていません。